設備

これまでのDMC研究センターの取り組みを結集して構築した超高品質のデジタルメディアを支える最先端のメディア機器とIT機器が高度に融合した設備を用いて、研究開発を行っています。

スタジオ

220インチのスクリーンと8chのスピーカシステムを備え、4K解像度で60フレーム/秒の映像を映画館と同等の品質で2Dと3D上映が可能です。

機材

最先端の研究開発や実験に利用できるよう、4K解像度に対応した映像機器や計測装置をDMC研究センター独自にシステム化しています。

ラボ

FibreChannelで接続されたLinux、Mac、WindowsPCを用いて4k映像を含むコンテンツの編集製作を行っています。

ネットワーク

研究センター内や塾内ネットワーク、国内外の教育研究ネットワークが、10Gbpsの超高速ネットワークで接続されています。