2018年度 トピックスTOPICS of 2018

                シンポジウム

慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム「メタデータ再考」 
(第8回 デジタル知の文化的普及と深化に向けて)2018年11月20日に開催

慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム「メタデータ再考」
(第8回 デジタル知の文化的普及と深化に向けて)2018年11月20日に開催します。
慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム
「メタデータ再考」
(第8回 デジタル知の文化的普及と深化に向けて)

文化資源の利活用のボーダーを創造的に越えるために、
メタデータを取り巻くフレームワークを改めて問い直すシンポジウムです。

日時: 2018年11月20(火)
    14:00 - 17:30 (研究交流会を除く)
開場  13:30 (展示・デモも同時開催)
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス西別館1
(別ウィンドウで開きます)
参加費:無料
申込 :DMCシンポジウム参加申込フォーム (先着70名)
(別ウィンドウで開きます)


シンポジウム2018 フライヤー画像

プログラム
14:00 - 14:10
挨拶  青山藤詞郎(慶應義塾常任理事)
    重野 寛 (慶應義塾大学理工学部教授・DMC研究センター所長)

14:10 - 15:30
講演  演題: 学術データの共有と利活用のための工夫
     原 正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所教授)
    演題: コンテンツネットワーク形成におけるメタデータの限界
    金子晋丈(慶應義塾大学理工学部専任講師・DMC研究センター研究員)

15:30 - 15:50 休憩 デモ・展示

15:50 - 17:20
パネルディスカッション
「テーマ: ボーダレスなデータ利活用のための情報組織化とは」
パネリスト
原 正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所教授)
金子晋丈(慶應義塾大学理工学部専任講師・DMC研究センター研究員)
安形麻理(慶應義塾大学文学部准教授)
久保仁志(慶應義塾大学アート・センター所員)
石川尋代(慶應義塾大学DMC研究センター特任講師)
モデレーター 安藤広道(慶應義塾大学文学部教授・DMC研究センター副所長)

17:40 - 19:30 研究交流会